shmn7iii

Blog

IPFSとNFT

IPFS公式による記事。面白そうなので日本語訳して読んでみた。

How to Store and Maintain NFT Metadata

Why is everyone so preoccupied with NFT metadata? What does it mean, what are the risks affecting it, and how does IPFS help NFT holders secure their digital assets for the long term?

なぜ皆、NFTメタデータに夢中になっているのでしょうか?どのようなリスクがそれに影響し、またIPFSは、NFT保有者がデジタル資産を長期的に保護するためにどのように役立つのでしょうか?

Non-fungible tokens (NFTs) are among the most exciting recent developments in the cryptoverse. For those unaware of these gems, NFTs are like digital collectibles, each unique in its own way and linked to a particular user.

NFTは最近のクリプトバースにおいて最もエキサイティングな開発の一つです。NFTを知らない人のために説明すると、NFTはデジタルコレクションのようなもので、それぞれが独自の方法で特定のユーザーにリンクされています。

Ownership aside, what also makes an NFT valuable is its metadata. If you're someone who spends a lot of time on the internet, you would probably recognize the term as data that exists about a particular digital signature or website. NFT metadata is similar but with some significant differences.

所有権はさておき、NFTの価値を高めているのは、そのメタデータです。インターネットをよく利用される方であれば、メタデータとは、特定のデジタル署名やウェブサイトに関するデータのことだとお分かりいただけると思います。NFTのメタデータも同様ですが、いくつかの大きな違いがあります。

What is NFT Metadata?

NFT metadata defines the NFT as an object, i.e., details about the digital asset. An NFT’s metadata may include details like the name of the file. Deeper in the metadata are details such as what comprises the file's content.

NFTのメタデータは、オブジェクトとしてのNFT、すなわちデジタルアセットに関する詳細を定義しています。NFTのメタデータにはファイルの名前などの詳細が含まれます。さらに深部では、そのファイルのコンテンツを構成するものなどの詳細が含まれます。

For example, metadata for a video NFT would be the length of the video and the images that make up its individual frames. Metadata for a profile picture (PFP) or digital art NFTs would be the specific generative properties that would define just how rare your NFT is.

例えば、ビデオNFTのメタデータはビデオの長さや各フレームを構成する画像などになります。また、プロフィール写真(PFP)やデジタルアートのNFTのメタデータは、そのNFTの希少性を定義する特定の生成特性になります。

However, for most NFTs, the metadata and the NFT are not one. Rather, your NFT — the digital asset itself — includes a link that points to the metadata, which lives elsewhere online. If you're a regular internet user, you know that sometimes, links die (cue the infamous “404 Page Not Found” web page). Hosting platforms don’t exist forever, and if your NFT exists on a regular website, you could potentially lose it along with all the associated value if that site shuts down for any reason.

しかし、ほとんどのNFTでは、メタデータとNFTは一体化していません。むしろ、デジタルアセットであるNFTには、オンライン上の別の場所にあるメタデータを指すリンクしか含まれていません。普段からインターネットを利用している方であれば、リンクが切れてしまうことがあることをご存知でしょう(悪名高い「404 Page Not Found」)。ホストしてくれるプラットフォームは永遠に存在するわけではありませんので、もしあなたのNFTが通常のウェブサイト上に存在するならば、そのサイトが何らかの理由で閉鎖された場合、あなたはNFTとそれに関連する価値を失う可能性があります。

If you do lose the connection to your NFT, you don’t necessarily lose the NFT itself, but you lose all the information that makes it look, sound, and describe the way it does. With some of these weighing in at several million dollars in some cases, this is a serious concern.

NFTへの接続が失われた場合、NFTそのものが失われるわけではなく、NFTそのものを構成する外観や音、描写などのすべての情報が失われることになります。数百万円するものもありますから、これは深刻な問題です。

So, how does a person who owns an NFT ensure its safety and accessibility throughout their lifetime? Is it possible to secure NFT data so that it exists forever? Over the regular internet, you could probably store the digital asset details on a cloud drive which allows for access to anyone anywhere. On the decentralized web, the solution is somewhat different and involves a unique file system with perpetual accessibility.

では、NFTを所有する人は、どのようにしてその安全性とアクセス性を生涯にわたって確保することができるのでしょうか?NFTのデータを永遠に存在するように保護することは可能なのでしょうか?通常のインターネットであれば、デジタル資産の詳細をどこからでも誰でもアクセスできるクラウドドライブに保存することができるでしょう。分散型ウェブでは、解決策は多少異なり、永久にアクセス可能な独自のファイルシステムを必要とします。

IPFS and Metadata Storage

What if there was a way to store data in perpetuity? When developers first came up with the idea of the cloud, they aimed to create data persistence. While it did succeed in this endeavor partially, it created a situation where the owner of the cloud servers had complete control over the data. To rectify this potential problem (and many others), the idea for a decentralized internet was born.

もし、データを永続的に保存する方法があったら?開発者がクラウドのアイデアを思いついたとき、彼らはデータの永続性を目指しました。この試みは部分的には成功しましたが、クラウドサーバーの所有者がデータを完全にコントロールできるという状況を生み出してしまいました。このような問題(と他の諸問題)を解決するために、分散型インターネットのアイデアが生まれました。

When it came to storing accessible data in perpetuity, the approach had to be markedly different. How would a decentralized system provide servers owned by individuals that could offer storage to millions of users worldwide? This approach would create a new paradigm where instead of companies owning user data, individuals would maintain ownership of their data. The solution came with developing the Interplanetary File System (IPFS) and the decentralized network that interacts with it, Filecoin.

アクセス可能なデータを永続的に保存するためには、アプローチを大きく変えなければなりませんでした。世界中の何百万人ものユーザーにストレージを提供するために、個人が所有するサーバーを提供する分散型システムとは?企業がユーザーのデータを所有するのではなく、個人が自分のデータの所有権を持つという新しいパラダイムを作ることができるのです。その解決策として開発されたのが、Interplanetary File System (IPFS)と、それに対応する分散型ネットワークであるFilecoinです。

IPFS is a unique file system because it doesn't operate in the same way we usually think about file storage. A file stored on the IPFS network generates a content ID (CID) which is distributed among several independent storage providers. Even with robust content addressing, how do you know which file storage providers are most trustworthy? Filecoin provides the framework for a reputation system and a way to interact with these storage providers.

IPFSは、私たちが通常考えているようなファイルストレージの方法では動作しない、ユニークなファイルシステムです。IPFSのネットワーク上に保存されたファイルは、コンテンツID(CID)を生成し、複数の独立したストレージプロバイダーに分配されます。堅牢なコンテンツ呼び出しがあったとしても、どのファイルストレージプロバイダーが最も信頼できるかをどうやって知ることができるでしょうか?ファイルコインは、レピュテーションシステムのフレームワークを提供し、これらのストレージプロバイダと対話する方法を提供します。

The Filecoin network allows users to store their data as CIDs with redundant storage providers, ensuring persistence across the entire network. The user then gets a CID that directs them to their file, complete and intact, drawn from one of the redundant storage providers that hold their information. Even if one of the providers goes down or is inaccessible, the user still gets their data.

ファイルコインのネットワークでは、ユーザーは自分のデータをCIDとして冗長化されたストレージプロバイダーに保存することで、ネットワーク全体での永続性を確保することができます。ユーザーは、自分の情報を保持している冗長化されたストレージプロバイダーの1つから、完全で無傷のファイルを指すCIDを取得します。冗長化されたストレージプロバイダーの1つがダウンしたり、アクセスできなくなったりしても、ユーザーは自分のデータを得ることができます。

As mentioned before, if your NFT link dies (and it’s not stored on IPFS), you lose access to the data contained within the digital file. This loss is the same as if a piece of art disintegrated in front of your very eyes. The IPFS system allows a user to ensure the persistence of their NFT metadata. The timelessness of IPFS combined with providers' redundant storage and accessibility options make for a resilient system that ensures a user's NFT remains safe.

前述したように、NFTのリンクが切れた場合(IPFSに保存されていない場合)、デジタルファイルに含まれるデータへのアクセスができなくなります。この損失は、芸術作品が目の前で崩壊してしまったのと同じです。IPFSでは、NFTのメタデータの永続性を確保することができます。IPFSの時代性と、プロバイダーの冗長化されたストレージとアクセス性のオプションが相まって、ユーザーのNFTの安全性を確実にする弾力性のあるシステムとなっています。

What's more, IPFS even offers a free method for users to store their NFTs.

さらに、IPFSはユーザーがNFTを保存するための方法を無料で提供します。

Free NFT Storage Through IPFS

To help users of NFTs out, IPFS launched NFT.Storage earlier this year. NFT.Storage is dedicated to the storage of NFTs, entirely for free. If you've spent any money on an NFT, you can easily upload the data associated with it to IPFS and Filecoin via NFT.Storage and ensure that it's preserved across time.

NFTユーザーを支援するために、IPFSは今年の初めにNFT.Storageを立ち上げました。NFT.StorageはNFTの保管に特化しており、完全に無料で利用できます。NFTにお金をかけた方は、NFT.Storageを通じて、NFTに関連するデータをIPFSやFilecoinに簡単にアップロードすることができ、時間を超えて保存することができます。

A Free, Safe Way To Maintain an NFT

Most crypto enthusiasts have hopped aboard the NFT train. Not all of them are worth several million dollars, after all. Even so, NFT content owners wouldn't want to see their investment go up in smoke. Free storage exists to help those NFT holders that want to ensure they always have access to their digital assets.

ほとんどの暗号愛好家は、NFTトレインに飛び乗っています。数百万ドルの価値がある人ばかりではありませんからね。それでも、NFTのコンテンツ所有者は、自分の投資が無駄になるのを見たくないはずです。デジタル資産にいつでもアクセスできるようにしておきたいというNFT保有者のために、無料のストレージが用意されています。

If you develop or buy NFTs and haven't looked into persistent storage for them yet, the best time is now. Don't wait until your NFTs disappear.

もしあなたがNFTを開発したり購入したりしていて、そのための永続的なストレージをまだ検討していないのであれば、今がベストなタイミングです。NFTが消滅するまで待つような真似はしないでください。

🏝️
IPFSとNFTは親和性高いよ的な記事でした。というかNFT.Storageの宣伝が一番の目的なのかなとも感じた。 ただ、ERC721のJSON SchemeのimageとかにIPFS上の画像を格納することの重要性が見えた気がした。 単にストレージに保存しそのURLを括り付けるのではなく、分散型ファイルサービス上で保存することはやはり大切そう。

参考